スローライフで今日も元気!

pcnkyoko.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ひとりごと( 219 )

小野竹喬と下保昭展から

・・・
[PR]
by pcnkyoko | 2018-05-19 20:05 | ひとりごと

加古里子さんに

              「だるまちゃんとてんぐちゃん」
a0104892_1430284.jpg

    40年ほど前、初めて出会ったとき、
    自由な発想の豊かさに驚き、
    面白くてワクワクしたものです。
    工夫すればなんでもできる、
    自分だけのものが作れる、
    そんな楽しさがありました。
    しかも、
    大人の愛情あふれる温かい目が
    いつも子どもたちをサポートしている。
    日常の生活の中で、
    他人と出会い、関わり、・・・暮らしている・・・

    いつ読んでもいいですね。
    大好きです。
    子どもたちもともに、好きでした。

    「海」は Sさんが4歳のころの愛読書。 
    毎晩一緒に読んだものです。  
    今、孫の Aoくんが
    「カラスのパン屋さん」
    「カラスのおかし屋さん」にはまっています。
    
    たくさんの素敵な楽しい絵本を
    ありがとうございました。
    ご冥福をお祈りしております。
[PR]
by pcnkyoko | 2018-05-08 21:54 | ひとりごと

日が昇り始めた

    5時半、お日さまが昇り始めた。
    真っ赤だ!
    あれあれっという間にスーと昇りきってしまった。
    桜の木は若葉でおおわれている。
a0104892_14101571.jpg
a0104892_1495853.jpg
a0104892_14104521.jpg

    さあ、今日も元気でいきましょう。
[PR]
by pcnkyoko | 2018-05-01 06:30 | ひとりごと

リアガラスが割れた

    ドキドキドキドキ・・・・

    駐車場へバックで入ったときのこと。
    隣の大きな車が出やすいようにと気を利かせ?
    マイカーをできるだけ後へずらすべく、
    バックとサイドには注意を払って、
    下がり過ぎたということなのだ。
    ビリビリギギギ・・・まさか・・・    
    そんなところに看板!?
    バック上方に看板が突き出ているのには気付かなかった!
a0104892_20541542.jpg

    ギャルリ・ミレーの作品鑑賞と
    ロビーコンサートを楽しみに来たのに、・・・
    ドキドキ、
    ガックリ、
    やれやれ、
    帰りには整備屋さんへ寄り、
    車を入院させることになってしまった。

    車に関しての初めての大失敗だ。
    まったく凹んでしまった。    
    夫が、
    「人身事故などではなかったことを幸いと思えばいい」
    と、慰めてくれたがショックは隠せない。

    
[PR]
by pcnkyoko | 2018-04-28 22:04 | ひとりごと

歳を重ねて、やけどと回復

    久しぶりに家事の合間に、
    米粉のお菓子、スノーボールを作っていたときのこと。

a0104892_23584330.gif
    舌の先をやけどしてしまったのだ。
    熱くて痛くて・・・痛くて・・・凹んでしまった。
    さらに、
    リコーダー演奏のタンギングに影響するのではないかと
    慌ててしまった。
    同時に、
    集中力の途切れた?
    判断力の鈍った?
    言うのも恥ずかしい大失敗を
    嫌でも認知力の低下のせいだと不安になった。
    気をつけなければ・・・!!

a0104892_23591559.gif
    ことの顛末は、
    オーヴンでほぼ焼きあがるころ、
    そこにあるお菓子をつまみ食いするかのように、
    小さい一つをオーヴンからつまみだし、
    口に入れてしまったのだ。
    そんなの熱すぎるに決まっているのに!!

    しかし、
    それには理由がある。
    材料は、米粉、アーモンドプードル、砂糖と
    本来はココナツオイルを使えばよかったのだが、
    強い香りを好まない人がいるので、
    常時液体の圧搾一番搾りの国産なたねオイルを使った。
    オイルの性状が異なるので、
    出来上がりがどんなものかとだけに注意を奪われて、
    お味見のつもりで摘まんでしまったのだ。

a0104892_004038.gif

    一つのことに注意を向けると、
    別のことに注意力と判断力が落ちてしまう。
    これって、・・・
    とうとう年齢に伴ってくるものがきたのか・・・???

    とにかく、
    すぐに吐き出したが、
    舌の先は赤く腫れて痛んだ。
    処置として先ず冷水で口を漱ぎ、
    さらに冷水を少しずつ口に含ませ冷やし続けた。
    家事を続けながら2~3時間は続けたと思う。
    痛みは和らぐも食事には難儀した。

    やれやれ、
    歳を重ねて、
    思いがけないところで
    思いがけないことが起きることがあることを実感。

a0104892_012829.gif

    がっかりして二日目。
    気が付けば、舌の先の痛みはとれている!!
    こんなに早く回復するもの?!!?
    もしかして身体の方は案外若いのかな?
    まだまだいけるような気にすぐに戻ってしまった。
    いやいや、
    気をつけていかなければならないんだんだけど・・・。
[PR]
by pcnkyoko | 2018-04-17 22:44 | ひとりごと

庭の小さな世界(真紅の侘助)

    やっと電話をかけることができた。
a0104892_9182328.jpg


    昨年暮れに届いた一枚のはがきに衝撃を受けて、
    冬の間ずっと彼女の悲しみを想い胸が塞がれていた。
    手紙にしようか、電話で話そうか、・・・
    ただ何か伝えたいという想いを抱きながら、
    彼女にとってのタイミングがあるだろうと、
    躊躇って今日まできたのだ。

    彼女は冬の間中、
    心は暗く重く、
    風邪をひいたこともあって、
    引き籠っていたそうだ。
    が、暖かい春の日差しを感じるようになって、
    少し外へ出てみようと思えるようになったところだったとか。
    良い時期にお話ができたととても喜んでくださった。
    おしゃべりが心を軽くしてくれたと喜んでくださった。

    悲しみを持ったままでも、
    今生きていることに前を向かなくてはと思う、
    疲れた心を励ましながら
    無理をしないでやっていこうと思うと、
    最後に話してくださった。
    電話ができて良かった!!

More  最近まで時折届く訃報は
[PR]
by pcnkyoko | 2018-04-09 22:39 | ひとりごと

新しい年度もいくつかの係りが

   自分がかかわる生活の中で
   進んで引き受けなければならないものもある。
   できれば免除されたいと
   ひそかに期待していたものの、
   やっぱり、幾つかの係りが巡ってきて
   引き受けなければならないものもある。
   それもトリプルで!

   (娘の役割は終えた?が)
   妻、母、祖母、妹、叔母の役割もあるし、
   自分の自分たるものであるための活動もある。
   他に幾つかのボランティア。
   結構忙しい年になりそうだ。
a0104892_22264420.gif

   まあしかし、これが暮らし。
   生活そのものだと考えれば、
   どんな状況でもやっていけなくはない。
   その時その時、
   もっとも大切なことから丁寧に向き合いたい。
   
   
[PR]
by pcnkyoko | 2016-04-03 22:28 | ひとりごと

元気の素の一つ

   去年の夏の終わりごろ
   懐かしい友人から便りが届いた。
   2月下旬に行われた
   大学時代の「同窓会」へのお誘いだった。
   卒業してもうかれこれ40数年は経っている。

   K大学、D大学、R大学が交流して
   学び合ったグループの「同窓会」には
   格別の思いがある。
   出かけるつもりで準備していたが、
   残念ながら都合が重なり欠席した。

   しかし、その後、
   当時の友人たちも残念がって、
   いくつか新たに連絡が届くようになった。
   嬉しいね~。
   こんなふうに人と繋がっていることも
   私には元気の素の一つとなっている。
a0104892_1525519.gif

   
   
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-21 21:57 | ひとりごと

「子育てがおもしろくなる話」を聴きに

   「子育て・・?」って、
   もう過ぎてしまった話だから・・・と一瞬思ったけれど、
   たぶん私の内に「子どもたちが好き」が潜んでいるのだろう。
   H さんも聴きたいと言うので、
   Ao くんを連れて一緒に出掛けた。   
a0104892_19292373.jpg

   NPO法人どんぐり山共同ほいくえんが主催する
   土佐いく子氏(大阪大学、和歌山大学の講師、元小学校教諭)のお話だった。   

   これが面白かった!!
   今を精一杯生きている子どもたちの様子がいい。
   数十年前の自分の子育てを思い出しながら、新鮮な感動を覚えた。
   本当に元気をもらった。

   講演の後のコンサートは土佐拓也さん。
   ギターを抱えてお話ししながら歌われた。
   会場のみんなを巻き込んだまさにライブハウス。
   私もちょっとばかり弾けていたかもしれないな~。
   
   このところ家族や親戚で、また   
   自分の、終活を意識しなければならない時期がきて、
   そんなことばかりに心を奪われていた自分がいたし、
   「子育て」を少し離れた目で見ていた自分がいるけれど、
   何か忘れていることがあることを思い出した。

   ちょっと気持ちを傾けて
   「子どもたち」を感じて暮らしてみたら、
   どんな小さな子どもたちだって抱きしめたくなる。

   抱いた子どもたちは柔らかく温かい。
   そんな子どもたちには
   元気で明るく希望を持って育ってほしい。
   そのために親の世代のその親の私でも
   何かできることがあるだろうか。

   それができれば私の世代の希望になるかもしれないな~。
   晴れ晴れとしている私がいる。  

   
[PR]
by pcnkyoko | 2016-02-06 19:27 | ひとりごと

庭に鵯がやってきて

   白侘助の花を突いていた。
a0104892_2210964.jpg

   縁側からガラス越しにカメラを向けたとき
   鵯はタヌキさんの向こうへ隠れてしまった。
   残念。

   例年なら3月から咲き始める胡蝶侘助は
   もう5つ6つと花をつけているし、
   黒侘助は真紅の蕾が今にも弾けそうに膨れている。
a0104892_858446.jpg
   立春だ~!!
   早い春だ~!
[PR]
by pcnkyoko | 2016-02-04 22:09 | ひとりごと
line

愛と花とお菓子と平和


by pcnkyoko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31