スローライフで今日も元気!

pcnkyoko.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:クッキング( 79 )

ホタルイカ

    わずか2~3センチのホタルイカ、
    ご近所の方からいただいた。

a0104892_71987.jpg

      (この写真じゃ、ホタルイカの小ささが分からないかな?) 

    朝3時ごろから
    滑川の海に入って獲ってきたんだって!
    すごいね!!

    そんな貴重なホタルイカを
    冷水で軽く洗い、
    熱湯に塩一つまみして、
    中火でボイルして、
    ざるにあげ冷まし、
    今回は酢味噌ではなく、
    ポン酢でいただいた。
    美味しかった~~。

    この地域のこの季節の海の幸を
    こんなふうにいただけるなんて、贅沢なこと!!
    ありがとうございます。
[PR]
by pcnkyoko | 2018-04-20 22:17 | クッキング

蕨と料理二種

    夫が蕨を一束、持って帰った。
    「塩の千本桜」道の駅のギャラリーの
    匠の里のみなさんの展示会の帰りにもらった?とか。

    蕨は山菜の季節に欠かせないものの一つだ。
    さて、あく抜きから始めましょう。

a0104892_1135251.jpg

    たっぷりのお湯に重曹小さじ半分ぐらい。
    泡立ったら、洗った蕨を入れて
    そのまま一晩おいて
    翌朝(今朝)、何度か水洗いする。
    それだけ。

    今回は、
    昆布〆を一品と出汁醤油漬けを一品で二種。
    出汁醤油漬けが夕食に登場しましたよ。
    やはり春ですね~。

    
[PR]
by pcnkyoko | 2018-04-13 21:37 | クッキング

料理歳時記(中公文庫)

   先日、本屋さんで辰巳浜子さんの名前が
   目に飛び込んできた。
   ふと懐かしくなってこの本を購入した。
a0104892_22531184.jpg

   旬の食材を余すところなく丁寧に活かしたごちそうは
   新鮮で本当に美味しそうだ。
   身近な食材への慈しみは、
   目から鱗が落ちる想いのする発見がある。
   そして、私たちが自然の中で生かされて、
   自然の一部であることを思い出させてくれる。

   亡き母の年代のかたか?と思われるが、
   母から教わっておきたかったと思う料理の数々を
   こちらで感じることがたくさんあるのが嬉しい。

   小さい文字がびっしりと並んでいる文庫本は
   この歳になってからは読みづらくて
   遠ざかっていたのだが、
   この本の魅力によって
   読み進めることができるからすごい!   
   自分への発見でもあるかな。
[PR]
by pcnkyoko | 2016-04-25 21:10 | クッキング

三つ葉

   みずみずしい三つ葉が山盛りいっぱい!!
a0104892_2314025.jpg

   Re さんのお庭から摘んで?
   きれいに洗って丁寧に根っこを取って・・・、
   届けてくださった。
   どんなに手間がかかっているでしょう!!
   嬉しいことにすぐにいただけるわ~。
   ありがとうございます~!!

   半分はさっとお湯に通してカツオ節をのせてお浸しに、
   4分の1はかき揚げにしていただいた。
   8分の1はお吸い物の上にのせて、
   残りの8分の1は明日の卵とじに使いましょう。

   これも春の香りがいっぱいです!!
   爽やかなお味が素敵な一品になって
   食卓を飾ってくれました。
   ごちそうさまでした。
[PR]
by pcnkyoko | 2016-04-23 23:00 | クッキング

こしあぶら

   もりもりハウスで
   こしあぶらを買った。
   南砺市産の朝採りたての山菜の一つ。
   先日のタラの芽が気に入って
   今日はこのこしあぶらの番ってのことだ。
a0104892_23281976.jpg
   
   まずは天ぷらにして、
   それからお浸し。しかし、
   料理に掛かる前に一株? 一枝?
   ムシャムシャムシャそのまま食べてみた。
   「いける~!!」
   料理のお皿にフレッシュなまま飾ってもいいねッ!!
   葉を広げたら緑の5弁の花のようで綺麗だった~。

   今日もこの季節だけの恵みをいただいて、
   いただけることに感謝した。
[PR]
by pcnkyoko | 2016-04-20 23:27 | クッキング

タラの芽とウド

   ワッ~、新鮮!!
a0104892_22322813.jpg

   ご近所の Ike さんのお里の山で
   摘んでこられたばかりのタラの芽を
   届けてくださった。
   そりゃ~天ぷらでしょう!
a0104892_20201612.jpg

   カラッと揚がったが、
   見た感じがいまいちか・・?!   
   ふわっ、もちっ、春の香りとお味は最高だ!! 
   いい季節だね!!

   Ima さんからはウドをいただいた。
a0104892_2336486.jpg
 
   嬉しい!!
   酢味噌和えだね!
   いつもの白みそを切らしてしまっているので、
   越中みそで酢味噌を作った。
   爽やかな春の大好きなお味だ!!
a0104892_20203995.jpg
 
   葉と皮はゴマ油で炒めてきんぴら風。
   これもいけるよ~!
   (写真がないのが残念)

   いや~、Tsu さんからはタケノコもいただいて、・・・
   今日はプレゼントディーだ~!!
   ありがとうございます~~。
   なんとも贅沢な山菜料理でご馳走だ~!!
   
   九州熊本、大分の地震のニュースに胸を痛めながら・・・
   
    
[PR]
by pcnkyoko | 2016-04-17 23:00 | クッキング

初物のたけのこ

   高岡市西田のたけのこ料理の「兼松」さんから
   朝掘りたけのこをいただいた。
   15cmぐらいだったかな。
   さらさらした薄茶色の皮。
   いかにも柔らかそう。
   ふかふかの土の中で大事に育てられたのだろうか。
   そう、竹林じゃなくて、たけのこ畑?でね。
   
   写真は More の欄にアップしたそばちょこの
   絵 (Hさん絵付け)のように並べてみたもの・・・
a0104892_23152368.jpg
a0104892_23151420.jpg
a0104892_23145889.jpg

   若いたけのこはあまりに鮮度がいいので、
   特有のえぐみなんてないんだから
   皮を剥いて、1cmくらいの厚さに切って、
   茹でないでそのまま昆布とカツオ出汁で煮た。
   お味噌を少し加えて味を調えた。
   新鮮な春のたけのこの香りと共に、
   サクッととした歯ごたえで、美味しいったらない!!

   皮のまま網で焼いてもよかったが、
   準備ができなくてやらなかった。
   次の機会のために何か準備しておきたいと思った。
 
   Kinako さんは、たけのこのお刺身から始めたそうだ。
   それから、よい出汁で煮られたそうだ。
  
   私たちにとっては初物だ。
   まだ3月だというのに、
   もうたけのこのシーズンが始まるのだね。

More  そばチョコに描かれた竹の子
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-29 23:13 | クッキング

からし菜

   ご近所の Ike さんから
   摘んだばかりのからし菜をいただいた。
   可愛い白い花をつけた浅緑色の葉。
   柔らかそうでしゃっきりした茎。
   見るからに新鮮そのもの。
   そのままいただいてしまいたい!!
a0104892_2313522.jpg

   でも、

   「 さっと湯がいて、
     水に取り、
     刻んで、
     醤油で味をつけ、
     容器に入れてシャカシャカ振るの。
     するとからしの味と香りが沸き立つよ 」

   と、去年教えてもらった通りにした。
   からしの味と香りを出すのは結構難しいらしいが、
   もちろん! 成功しましたとも!!

   今日は茶そばの上にこれをたっぷり載せて
   海苔を刻んで盛った。
   そりゃあ、美味しかった!!

   春満載。
   ごちそうさまでした。
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-27 22:12 | クッキング

お彼岸と記念日

   昨日、小豆を500g焚いて
   もち米は5合用意して
   今日、お彼岸のおはぎを作った。
   小家族だけれど、・・・
   訪問者があったりで、・・・
   保存しておくほどは残らなかった??
   
   お彼岸のおはぎづくりは
   我が家の習慣で、
   歳時記の一つとなっている。

   煩雑な生活の中の
   ふと我を確かめる節目であろう。
   大切にしたい我が家の小さな行事なのだ。

   そして、今日は私たちの記念日でもある。
a0104892_21115478.jpg

   この日はたくさんのことを思い出す。

   
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-20 21:44 | クッキング

酒粕

   甥御さんが杜氏をなさっているという友人から
   酒粕をいただいた。
   なんということか亡き母が作ってくれた幾つかの味が
   懐かしく温かく想われる。
a0104892_23481843.jpg

   しかし、恥ずかしながら
   私の酒粕料理のレパートリーは酒粕汁ぐらいのもの。
   もっと母から習っておけばよかったと思うことしきりだ。

   ネットで調べてみたら
   酒粕の効用の大きいことを発見。さらに
   驚くほど新しくて?美味しそうな料理やお菓子の多いことも分かった。
   私にとって、これは挑戦すべきテーマとなった!!

   「懐かしくて新しい」とはなんとも楽しいじゃないですか!
   ありがとうございます~。
   
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-01 22:58 | クッキング
line

愛と花とお菓子と平和


by pcnkyoko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー