スローライフで今日も元気!

pcnkyoko.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:音楽( 216 )

新年度の始まりは新鮮だ!!

   春休みが終わった!!
   春休みにこそ片付けてしまいたい仕事リストに
   まだ×が付かないものを残している~~。

   でも、
   新年度の始まりはやっぱり新鮮だ!!
   Koko 氏のバロックリコーダーレッスンは、
   バロック初期の作曲家、カステッロのソナタプリマ。
   予想以上に難しくエネルギーが必要だと思う。
   そしてそれが面白い。
a0104892_1430713.jpg

   もっともっと吹き込まなければ
   自分のものにならないことをさっそく実感している。
   まずは体調管理を怠らないことだ。

   引き続き、夜は
   トラヴェルソの Tyu 氏のコンサートに出かけた。
   チェンバロの曽根さんの演奏も、
   これがまた素晴らしかった!!
   チェンバロはフレンチスタイルのものだった。
   彼女の手によれば、
   音の粒がキラキラとほとばしるように弾けて、
   目に見えるように美しく感じられた。
   そして心地よく響いてきた。

   体調がすっきりしきっていなかったので、
   咳が出ないように気をつけながら、
   一番後ろの席で鑑賞させてもらった。
   
   セミナーとコンサートのおかげで、
   春休みペースが吹き飛び、
   気持ちがしゃっきりする。

   一方、
   一昨日の熊本地震のことがずっと気にかかっている。
   早く収まりますようにと祈るばかり。
   被災者の皆さんへお見舞い申し上げます。


  
[PR]
by pcnkyoko | 2016-04-16 22:28 | 音楽

コンサート ” 太陽王の音楽室 ”

   ご案内です。

a0104892_11121245.jpg

   主催 : 富山古楽協会
   後援 : 富山市民文化事業団、北日本新聞社

   ⁂ 前売りチケットは、こちらにご連絡いただければ
     協会員価格で販売できます。
[PR]
by pcnkyoko | 2016-04-12 22:40 | 音楽

ヘンデル作曲 "トリオソナタ in F ”

   バイオリンの Naga さんは春休みの間に
   しばらく入院されていたので、
   一緒に元気になってもらいたいと、
   昨日、チェンバロの Sakura さんと
   お見舞いを兼ねて訪ねた。
   さんざんのおしゃべりの後、
   ヘンデルを演奏してひととき楽しく過ごした。

   この三人組は室内楽セミナーで
   過去2年間、同じグループでレッスンを受けてきた。
   さらに今年度もご一緒できることが分かって、
   喜んでいる。

a0104892_22534094.jpg


   講師の Tyu 氏からは、
   今年度の楽譜がまだ届かないので、
   以前からやってみたいと思っていた楽譜、
   ヘンデルのトリオソナタヘ長調、
   (リコーダーとバイオリンと通奏低音のための曲)
   を楽しんだというわけだ。


   朝、Naga さんからメールが届いた。
   「 今朝の『 FM古楽の愉しみ 』で
     この曲が流れていたの、聴いた?
     こんなに面白い曲だったんだ・・・と知ったわ。」と。

   これはあまりに偶然?!!?
   
   「 最初の室内楽セミナーは、この曲で受講しましょうか。」なんて、
   三人の間にメールが飛び交った。
[PR]
by pcnkyoko | 2016-04-12 22:35 | 音楽

リコーダーセミナーの来年度の曲が届いて

   嬉しい~!
   バロック初期の作曲家たちの作品から、
   カステッロのソナタプリマと
   フォンタナのソナタテルツァ。

   モンテヴェルディとかかわりのある作曲家たちの・・・、
   ヴェネティアのサンマルコ教会とゆかりの作曲家たちの・・・、
   もうそれだけで十分に興味津々だ。
   ルネッサンスリコーダーを使うのも嬉しい。
a0104892_10434119.jpg
         ( 船の上から見たヴェネティア   2010.3 撮影 )

   数年前、コレッリやサンマルチーニ、
   マルチェッロなどの作曲家のことを
   興味深く感じていた時期にイタリアを訪れた。
   この時は単なる観光旅行だったが、
   サンマルコ教会やその前の広場のことも
   見たり聞いたりしたことを思い出した。
   稚拙ながら、
   その時代に想いを馳せて楽しみが膨らむ。
   




   


   
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-30 22:33 | 音楽

ピロシキ

   富リコアンの帰りに
   思いがけずDolce さんからお手製のピロシキをいただいた。

   喜んで持ち帰ると、
   食いしん坊家族のお夜食パーティーの始まりだ。
   家族のそれぞれの別腹にすっきり収まりました~。
   美味しかった~!!
a0104892_23531065.jpg

   「スパイスィー過ぎかもしれないですよ~」
   とおっしゃったけれど、
   丁寧に準備し調理された詰めものは
   ジューシーで
   私たちには程よいお味加減だったので、
   とても美味しくいただきました。
   ごちそうさまでした。

   半分に切ってから写真を撮っておけばよかった!!
   お腹に入ってからでは遅いよね。 残念。

More  ロシアンティーがあれば
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-25 22:30 | 音楽

月と群雲

   満月から2日たった今日。
   富リコアンの練習から戻ってきたのは夜9時過ぎ。
   庭から見えるお月さまは
   まだ東の空で雲に見え隠れしている。  
a0104892_22574628.jpg

   明るいお月さまに群雲。
   景色が真っ暗闇に埋もれてしまうことはなかった。
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-25 22:09 | 音楽

“ 古楽の響き ” コンサートが終わって

   今年度の古楽セミナーは終了した。
   ヤレヤレと肩の荷を降ろす想いがする。

   チーマ作曲
   「リコーダーとヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ47」   
   の出だし:ガンバとチェンバロが D でダ~ンと行ったところに
   一拍遅れてリコーダーが D F F E ・・・と入っていくところ、
   なんとも哀調のこもった感じがたまらなく好きだった。
   しかし、イメージ通りの音色に持っていくのが
   とても難しく、どれだけ試してみただろう・・・

   楽譜を手にして試しながら、
   様々な表情を持つこの曲の表現を
   悩んだり、苦しんだりしながらも、
   楽しんでやってこれたのは
   この曲が大好きだったからかもしれないな・・・
   
   作曲家チーマの時代の背景や演奏の特徴、
   演奏家たちの生活などを調べてみたりするのも
   興味深かった。
   演奏は決して容易くはなかったけれど、
   挑戦してみて本当に良かった。
   この一年間も楽しかった!!   

   グランドバンドの演奏で始まったコンサートは
   バロックリコーダーやヴァイオリン、トラヴェルソと
   ヴィオラ・ダ・ガンバセミナーの受講生の演奏の他、
   ガンバセミナー受講生全員によるバッハの歌曲演奏あり、
a0104892_21105724.jpg
                         (演奏のため席につかれたところ)
   講師陣による素晴らしい演奏もあって
   バラエティーに富んでいた。

   今年度が古楽セミナー20周年ということだから、
   長く続いてきたものだと改めて思う。
   一流の講師陣。
   毎月、よくぞ富山までいらしてくださって!!
   ありがたいです!!
   チェンバロが3台もあり、
   多くの練習室やリハーサル室などのある芸術創造パーク。
   富山での古楽のための恵まれた環境に
   改めて感謝だ。   

 
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-14 20:38 | 音楽

一枝の桜

   一枝の桜が
   我がダイニングに春を呼んでいる。
a0104892_20144975.jpg

   散歩の途中に拾った一枝で
   お部屋がいっぺんに明るくなった。
   
   冬眠から覚めた〇〇のごとく
   動き出したい衝動があるが、
   今年度の終了テストならぬ終了コンサートまで
   気が抜けない。
   明るい春のお楽しみは
   終了後までお預けだ~~。



   
   
[PR]
by pcnkyoko | 2016-03-08 20:29 | 音楽

チーマのソナタとテレマンの組曲

   ”室内楽の愉しみ” コンサートは
   ずっと前に終わったような気分でいたが、
   2週間前のことだった。
   そして、
   ”古楽の響き”コンサートは2週間後だ。
   しっかり気持ちを引き締めていかなければとようやく思う。
  
   チーマ作曲の
   「リコーダーとヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ」は 
   順調に仕上がってきていると気楽に思っていたが、
   最後の詰めが甘いことに今頃気づいた。
   ルネッサンスソプラノリコーダーの運指と音程に気を付けること。
   ルネッサンス時代の装飾を自然にできるようになること。
   細かい動きはテクニック的にやや難しいのだが、
   テンポ感を維持すること。他、
   まだまだ課題がある~!!
a0104892_06569.gif
   
   グランドバンドでも演奏することになっている
   テレマン作曲『ハンブルグの潮の満ち干』より数楽章。
   これにはヴォイスフルートとアルトリコーダーを使うのだが、
   譜読みも運指も異なるので確認しておくこと。
   課題があるな~。
a0104892_055659.gif
 
   難しいけれど、
   イメージを膨らませ練習するって楽しいものだ。
   練習時間を確保するために
   様々な仕事を段取り良くすることも楽しいものだ。 
a0104892_08381.gif



 
[PR]
by pcnkyoko | 2016-02-28 20:50 | 音楽

古楽への誘い ” 室内楽の愉しみ ” コンサートを終えて

   今日、春の嵐? 春一番?
   大荒れだ。
    古楽への誘い、” 室内楽の愉しみ ” コンサートは
   そんな日に行われた。
   それでも大勢のお客様がいらして下さって嬉しいです。
a0104892_19514628.jpg
                 (バレンタインチョコレートをいただいた!)

   リコーダーとバイオリン、チェンバロのメンバーで演奏した
   コレッリ作曲、” トリオソナタ ト短調 Op.3-11 ” は
   譜面からは難しく思われないが、
   曲想をどう解釈して表現するか、
   装飾音は曲想を生かしながらどのように入れることができるか、
   掛け合いながら流れていく音の重なりの響きを、
   それぞれの楽器の特性が生かせるように、
   どのように美しく響かせ合えるか、など
   話し合いながら練習してきた。
   それが難しくて、そして楽しかった!

   今、気持ちを揃えて演奏できたかどうか、
   果たしてどのように聴いていただけただろうか、
   清々しい気分で思い出している。
   
   コンサートを振り返って思うことがたくさんある。

More  コンサートを振り返って
[PR]
by pcnkyoko | 2016-02-14 22:47 | 音楽
line

愛と花とお菓子と平和


by pcnkyoko
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31